news
イベント・お知らせ

お知らせ 2019.10.08

屋根の形にはどういうものがある?種類とその特徴

家が完成すると、良く見ることができなくなってしまう屋根。

実は様々な形があり、家を雨や風から守ってくれる大切な役割も担っています。

そんな「家の傘」ともいえる屋根の種類についてご紹介いたします。

 

私たちは雨が降ると傘をさします。

塗れて風邪を引くのは嫌ですし、大切な服がダメになってしまうのも辛いからですが、

でも傘が大き過ぎると重くて持ちにくくなってしまいます。また強い風に煽られても危険です。

家の傘と言えば「屋根」。今回は屋根の形や特徴を、それぞれのメリット・デメリットを

交えながら、ご紹介します。

厚木の家 アジアン-家の外観

まずは基本的な七種類の屋根の形をご紹介します。

1.切妻(きりつま)屋根

切妻屋根は、一番スタンダードな屋根の形です。屋根頂部から下部に向かって、

二つの面が建物を覆うように作られています。

坂道の家 コンテンポラリー-家の外観

構造が簡単なので、工事費用も比較的安価に作ることが可能です。

屋根の角度を急にすることで、雨や雪に対しても強い屋根を作ることが可能で、

屋根材を選ぶことなく葺くことも出来ます。

YK HOUSE  - 方形屋根の家 - アジアン

2.方形(ほうぎょう)屋根

方形屋根とは、四枚の屋根面が頂部の一点でぶつかる屋根のことです。

四角錘(しかくすい)あるいはピラミッドを思い浮かべて頂けると、分かりやすいかも

しれません。平面が正方形の建物に多く採用されます。屋根の斜面は比較的自由が利き、

どの屋根材料を用いることも可能なことは、切妻屋根と同じです。

鹿島の森の家2015 外観 アジアン-家の外観
 

3.寄棟(よせむね)屋根

寄棟屋根は、四枚の屋根面で構成されている基本形から、複雑な形状をした平面にも

対応できる形があります。デザイン的にも優れた屋根の形です。

切妻屋根に次いでスタンダードな形で、屋根葺き材料を問わず採用できる点も同様です。

良日庵 和室和風-縁側ポーチ

4.入母屋(いりもや)屋根

伝統的な日本家屋に多く見られる形状で、切妻屋根と寄棟屋根の二つを組み合わせたような形をしています。

重厚感を演出する屋根ですが、形が複雑なためメンテナンスに手間がかかります。

他の屋根と比べて工事費も高めです。屋根葺き材料は選びませんが、

趣のある建物に採用されるケースが多いため、銅板や和風瓦といった比較的高価な

材料を葺くケースが多いようです。

Renovation - 29012 カントリー-家の外観

5.招き(まねき)屋根

切妻屋根の変形した屋根です。2枚の屋根の長さと、その設けられている高さが違う為に、

招き猫の手が招くように見えることから、その名がつけられています。

この屋根の形は意外と多く採用されていますので、散歩する際には屋根の形に

注意しながら歩いてみて下さい。

S residence モダン-家の外観

6.陸(りく)屋根

「りく屋根」あるいは「ろく屋根」と読みます。傾斜のない水平な面を「陸」と呼ぶため、

平らな屋根のことを「陸屋根」と呼びます。

イメージとすれば、ビルの屋上のように平らな屋根のことです。

木造住宅には少ないかもしれませんが、鉄筋コンクリート造や鉄骨造の住宅の場合、

屋上利用を目的とし、陸屋根を採用する場合もあります。

帆居 hammock house コンテンポラリー-家の外観

7.片流れ(かなたがれ)屋根

屋根が一方向に向かって傾斜している形を、片流れ屋根と呼びます。

構造が単純なため、費用も安価に作ることが可能です。

南側に向けて傾斜させれば、太陽光発電のパネルを載せることにも適して

いると言えます。

BEAT HOUSE アジアン-家の外観

大きく分けると以上の7つの形に分けられますが、他にもまだたくさんの種類がありますし、

新しい建築材料の開発や技術・性能の向上により、名前を付けることが難しい

屋根までもが誕生しています。

もともと屋根形状は、その角度とは密接な関係を持っていました。瓦屋根ならば

4寸勾配(約21度)以上の角度を設けることが基本ですし、ストレート葺きならば

2.5寸勾配(約14度)は、必要という具合に。つまり家の外観デザインを考えるときに、

屋根の形と使用する屋根葺き材料によって、最低限確保しなければならない

角度が決まってしまうことがあるのです。

最近では技術の発展で1寸勾配(約6度)を下回る屋根を作ることも可能になりましたが、

その製作意図やメンテナンスの費用なども考慮した屋根形状、

そして材料の選択が必要だと言えます。

La Maison-vague エクレクティック-家の外観

一昔前、まだ屋根に樋を設けて雨水を受け止めるという考え方をしていなかった頃は、

玄関に向かって雨水が流れるような屋根の形を作ることは、避けていた時代がありました。

材料の性能だけに頼るのではなく、計画の段階からちょっとした形状に気を使うだけで、

上は格段に快適になると思います。

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ
PAGE TOP
Copyright (c) LIFE TEC co.,ltd. All Rights Reserved.