news
イベント・お知らせ

お知らせ 2019.10.18

引き戸と開き戸、どっちを選ぶべきか迷ったら。検討したいポイント

家を建てたり、リノベーションする際、引き戸と開き戸で「どっちがいいのか?」と

悩むときがあると思います。誰もが漠然とは分かっている「引き戸・開き戸」の違いを整理しました。

迷った時の参考にしてみて下さい。

1.引き戸と開き戸の違い

まずはじめに、考え方の目安となると思いますので簡単に「引き戸/開き戸(ドア)」定義をしてみます。

LENNOX STREET HOUSE 北欧-キッチン

引き戸とは

引き戸: 開放できる / 部屋をつなげる / ゆるく仕切る

障子やふすまで部屋が仕切られていた昔の日本の家を考えてみてもらえればわかると思います。

どちらかというと「開放」するイメージがあります。

大宮の家(夫婦の家・マンションリノベーション) エクレクティック-リビング

開き戸とは

開き戸(ドア) : 閉じる / 区切る

開き戸(ドア)で部屋と部屋をつなげるイメージはないと思います。

その部屋の領域を開き戸(ドア)でしっかり閉じる、という感じです。

kinoco (マンションリノベーション) ミッドセンチュリー-寝室

2.引き戸と開き戸のメリット・デメリット

引き戸と開き戸(ドア)のメリット・デメリットを整理してみます。

引き戸のメリット

・戸を開いた時に、戸がジャマにならない。

・開けておいても風に煽られて「バタン!」と閉まる事がない。

・部屋を仕切れる『間仕切戸』を作ることができる

・開けた時には、開口部がスッキリして見える。

引き戸のデメリット

・戸が引き込まれるスペースが必要なため、どんな場所でも使えるわけではない。

・引き込まれるスペースは壁として利用できない。

・気密性・遮音性は劣る。

Wood Carver's Workshop トラディショナル-物置庭小屋

開き戸のメリット

・どんな場所でも使える

・金物(ノブ・レバーハンドル)が豊富

・気密性・防音性を高くする事ができる(*防音仕様が別途必要)

開き戸のデメリット

・戸を開けた時、戸の存在が邪魔な場合が多い。

・戸が開く方向の壁には物が置けない。(*スイッチやコンセントの位置に注意)

・開けた時に戸の存在があるのでスッキリした開口部にはならない。

風に煽られて「バタン!」と閉まる事がある。

Harlem Residence Children's Room コンテンポラリー-子供部屋

3.引き戸向きの部屋と開き戸向きの部屋

基本的に、部屋タイプによる「向き不向き」はないと思います。ただ、以下の場合には

「引き戸」にした方がいいように思います。

廊下の突当りや、水回りなど、ドアとドアが近いところ

・廊下の突当りなど部屋のドアとトイレのドアが重なる

・部屋に入るとクローゼットのドアがある

など、ドアが重なりあうのはとても嫌なものです。どちらかのドアを引き戸に

できるなら、それが解消できます。

家族の出入りが多いところ

たとえば、廊下からリビングに入る部分は、家族が多いほど出入りが多く、

開き戸(ドア)の場合、その度に「バタン」と開け閉めの音が気になることがあると思います。

そんなところは、引き戸の方がいいと思います。戸を開けっ放しでも過ごせる時期というのは

結構長いですから、引き戸ならその間、開けておけるうえにじゃまになりません。

ウォークインクローゼット、パントリー

扉がなくてもいいのでは?という考えもありますが、もしつけるなら、

引き戸の方がいいかもしれません。服や物を持って何度も出入りするので、

使うときは戸が邪魔になることがあると思います。

子供部屋

大きくなればどちらでもいいのですが、小さいうちは「プライベート」という意識は

ないのですから、引き戸にして開けっ放しの方がいいように思います。

引き戸の危険性がゼロではありませんが、開き戸(ドア)よりはいいでしょう。

高齢者の部屋、高齢者が使う部屋

ドアを開け閉めする時、ドアを押し(引き)ながら一歩踏み出す(さがる)という動作が必要です。

高齢になった時、2つの動作とバランスを取ることが少し難しくなってきます。

引き戸であれば、体は止まって開閉できますし、戸が手すりの役目もします。

(ご当人の寝室、トイレ、リビング、脱衣室など)

石神井の家 (リノベーション) 北欧-リビング

4.引き戸と開き戸で考えられる問題

1.開け閉め時に指や体を挟む可能性がある

2.閉めた時に「バタン」と音がする

3.すき間があって気密性がなく、音も漏れる。

1と2については、開き戸(ドア)のほうが起こる割合は高いです。戸が中途半端に

開いている時には体がぶつかることも考えられます。

3については、戸は動くものですからどうしても寸法的にすき間が必要なので、

気密性が下がります。

同時に音も漏れるということです。特に引き戸はそうです。

ただ、戸の部分での空気の出入りは、部屋の空気の循環の意味もあるので、

「空気が漏れるからダメ」という事もないのです。

この3つの問題に対しては「戸をゆっくり閉める装置」や「気密性や音に対する材料」

がありますので、それらを使って性能を高めることができます。

既製品はそのあたりが良く出来ています。

Bouldin Bath Refresh コンテンポラリー-浴室

引き戸と開き戸、どちらを選ぶ?

「戸」は、家の印象を決める重要な要素であり、毎日「目にして手で触れる」とっても大切なものです。

引き戸なのか開き戸(ドア)なのかは、実現したい「好きなインテリア」から考えて決めていいと思います。

迷った時には、一度「ここが引き戸だったら(開き戸(ドア)だったら)家族がどんな風に行動するだろう?」

を考えてみましょう。今お住まいの家の戸を、印象や行動を意識して見つめ直してみるのもいいと思います。

昔と違い、インテリアのスタイルはたくさんあり、多様な好みを表現できるようになっています。

引き戸/開き戸(ドア)にこだわり過ぎず、「より暮らしやすいのはどちら?」という視点で「引き戸/開き戸(ドア)」

を考えてみて下さい。

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ
PAGE TOP
Copyright (c) LIFE TEC co.,ltd. All Rights Reserved.